残債ローンの手数料

新車を買うときにちょっと無理して自動車ローンを使って買ったはいいが、仕方なく車を売らなければならない、今の車に飽きてしまったなどでローンがまだ残っているのに売らなければならないという時もあります。

基本的にはローンが残っている場合は名義が自分ではないので売ることができないのですが、買取店などで売ったお金で一気に返済する、またはそれでも払いきれない場合は残債ローンなる新たなローンを組んで返済する形で名義を自分のものにしてから売却するという手段をとるわけですが、そのローンを組むときにもいわゆる手数料という不透明な金額を取られるわけです。

査定の時に、ねばってねばって千円単位の買取金額アップを勝ち取っても手数料という名目でそれ以上のお金を取られてしまっては身も蓋もありません。

買取店の中にはこういった手数料なるものを無料にしているところもあるのでそういったところを利用した方がいいということになります。

有名なのがアップル、ここは残債ローンの手数料が基本的に無料のところが多いので、不用意なマイナスを防ぐことができます。

自動車を売るときについつい査定額だけで判断しがちですが、こういった費用面も含めた店舗選びをしたいものです。